第36回 日産 童話と絵本のグランプリ 贈呈式

大賞受賞の2作品、各120部を寄贈

  • 令和3年3月5日(金)、福島日産自動車本店にて、日産童話と絵本のグランプリ 受賞作品の贈呈式が執り行われました。

    今回は第36回の童話の部大賞・絵本の部大賞となった2作品が、日産自動車株式会社のいわき工場長 前岡様より福島県立図書館長の斎野様へ手渡されました。

     

    式典は例年であれば福島県立図書館にて執り行われるところでしたが、2月13日に発生した地震の影響で休館中のため、福島日産自動車本社での開催となりました。

    福島県立図書館は3月11日の再開に向け、3月6日現在復旧工事を進めている最中です。

    式典では受賞した2作品

    ◇童話の部大賞 『なすびは何色?』 山本 泉/作 山田 真奈未/絵

    ◇絵本の部大賞 『くつやさんとおばけ』 いわさき さとこ/作

    各120部が寄贈され、福島県内の図書館や公民館へ配られる予定です。

     

日産 童話と絵本のグランプリとは

  • 『日産 童話と絵本のグランプリ』は1984年から続くアマチュア作家を対象とした創作童話と絵本のコンテストです。毎年全国から約3,000編の作品が寄せられ、プロの作家として活躍する大きなステップとなっています。入賞作品のレベルの高さには定評があり、現在では新人作家の登竜門と称されています。

    ※写真は式典で展示された歴代の受賞作品