リーフニュースふくしま NISSAN-EV

どうなる太陽光発電?考えよう!エネルギーと家

卒FITを考えるイベントが開催

  • 住宅用太陽光発電による余剰電力の活用を学ぶイベント「どうなる太陽光発電?考えよう!エネルギーと家」が2019年12月15日にウィル福島アクティおろしまちで開かれました。

    家庭用太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)が順次終了することから、県の補助制度や蓄電システムの導入による家庭でのエネルギー活用方法などが紹介されました。

    会場では走る蓄電池としても使える電気自動車リーフから給電された家電製品の展示コーナーを設置、注目を集めました。 

会場の様子

  •    

    日産では小型モデルカーの製作体験「わくわくエコスクール」を開催しました。

  •    

    日産自動車の小川日本EV事業部長、ソーラーポストの鈴木営業部課長、新エネルギー流通システムの村田社長がパネル討論に登壇、太陽光発電の今後について解説しました。

  •    

    会場の外でも電気自動車リーフを展示し、電力供給のデモンストレーションやプロパイロットパーキングの体験試乗を行いました。